サッカーをするのは子どもたち

『自主性』という言葉をよく耳にします。

サッカーというスポーツはチームプレー(組織プレー)を行う為に、個人の技術と状況判断が必要になります。個々の選手がチームの事を考え、その瞬間の状況判断でプレーします。

しかし、その瞬間のプレーを周りの父兄が応援して頂くのは嬉しいのですが、ああしろ、こうしろと叫んでしまっては、子ども達はどうしていいのか判らなくなってしまいます。

普段の練習は試合を想定し、意思統一して行っているのですから、試合が始まると、頑張る為の応援は有り難いのですが、指示をしたりするのは困ります。サッカーをしていて今、自分が何をすべきか?は一番子ども達が理解しているのですから。