勝ちに拘らない

勝ちに拘らないと言うと、誤解が生じてしまいますが、負けてもいいと言う訳では無く、練習試合や交流試合まで勝ちに行くとレギュラーは固定になってしまい、ポジションまで固定しないと勝てません。

また、少年サッカ―の間はファードに足の速い選手を置き、バックに身体の大きい子を置き、ゴール前にボンボン、ボールを供給していれば、その内ゴールする事が出来ます。

しかし、そんなサッカーをしていれば中学、高校になって困るのは子ども達です。

今、勝ちに行くのでは無く、色んなポジションを経験させ、レギュラーではない子ども達にもチャンスを与え、底上げをし、卒業するまでにはみんなが本当の意味でのサッカーの楽しさを知って欲しいと考えています。